イギリス文学

イギリス文学

『高慢と偏見』のあらすじや感想、読み方の解説・内容分析!少女漫画的色彩を持つ傑作

恋愛小説というジャンルは、古来より大衆の間で人気を博してきました。 日本で言えば『源氏物語』、世界で言えば『ロミオとジュリエット』のように、文明の発展と恋愛小説は切っても切れない関係にあると言ってもいいかもしれません。 そして、...
イギリス中世文学

『ロミオとジュリエット』のあらすじや感想、元ネタ解説!あまりにも悲劇的な恋愛物語

イギリス史上最高の作家にして、今なお世界中で愛され続けている人物——。 それがウィリアム・シェイクスピアでしょう。 彼の残した作品は様々ですが、一般には四大悲劇に代表される「悲劇」を描いた作家として認識されることが多いかもしれま...
イギリス文学

現代社会で読むオーウェルの小説『1984年』のあらすじと解説・考察(ネタバレ有)

オーウェルの小説『1984年』は、共産主義の欠点を正確に言い当てた小説として極めて高く評価されています。しかし、この小説はなにも「反共のシンボル」という側面だけでなく、現代社会にも通じるいくつもの警鐘が含まれています。この記事では、現代ならではの読み方や社会とのつながりを解説しています!
イギリス文学

『わたしを離さないで』のあらすじや感想、考察!登場人物の描写が見事な小説

カズオイシグロの代表作『わたしを離さないで』のあらすじと感想を書いています!SFの要素もありながら青春恋愛の要素もある今作は、悲劇的ながら心に染みわたるような不思議な読了感を味わうことができます。映画やドラマだけでなく、原作を読んでみてほしい作品です!
イギリス近世文学

ディケンズの描く冒険譚!『大いなる遺産』のあらずじや感想、考察(ネタバレ有)

チャールズ・ディケンズの代表作『大いなる遺産』のあらすじ・感想を紹介!歴史的小説にして、産業革命を迎える直前期のイギリス社会を知るてがかりとしても価値のあるこの小説は、現代に生きる我々が読んでも十分に楽しめます!
スポンサーリンク