ロシア文学

ロシア近現代文学

悲劇と喜劇は紙一重!チェーホフ『桜の園』のあらすじや感想、読み方の解説・考察!

世の中にありふれている悲劇も、見方によっては喜劇と捉えることができる。 そんなことを感じさせられた物語が、チェーホフによって最晩年に執筆された作品『桜の園』です。 この記事では、1ページ目にあらすじや作品情報・トリビアと...
ロシア近現代文学

『アンナ・カレーニナ』のあらすじや感想、解説・考察!アンナとリョーヴィンの愛に注目

ロシアが生んだ世界的文豪として、レフ・トルストイの名を知らない方はいらっしゃらないかもしれません。 彼の名声は我が国日本にも轟いていますが、一方で「彼の作品を読んだ」という方はそれほど多くないかもしれません。 トルストイの代表作...
ロシア近現代文学

作者は超ダメ人間?歴史的小説『罪と罰』のあらすじや感想、内容の解説!

世界の名作家を挙げていったとき、必ずその名を呼ばれる人物の一人が「ドストエフスキー」でしょう。 彼の著作は時代を超えて読み継がれ、全世界にすさまじい影響を与えました。 しかしながら、作品が原則として長編小説の体裁を取り、内容も宗...
スポンサーリンク