フランス近現代文学

フランス近現代文学

「無償の愛」の恐ろしさ。『ゴリオ爺さん』のあらすじや感想、読み方の解説!

我々のイメージする「フランスの社交界」といえば、それはそれは華やかな光景が思い浮かぶでしょう。 しかし、そうした部分が貴族界の本質を表しているわけではない、ということを教えてくれた小説が、今回取り上げるバルザックの『ゴリオ爺さん』です...
フランス近現代文学

バラの「棘」にはご用心?星の王子さまのあらすじや感想、時代背景や名言解説!

世の中に存在する文学作品の中には、その第一印象と大きく異なる「深み」を見せてくれるものがあります。 今回の記事で紹介する、サン=テグジュペリの児童文学小説『星の王子さま』もその一種でしょう。 挿絵や文体から子供に向けられ...
フランス近現代文学

不条理を説いたカミュの小説!『異邦人』のあらすじや感想、読み方の解説

本日紹介するのは、久保田早紀によって歌われた屈指の名曲「異邦人」 …ではなく、1942年にカミュによって執筆された小説『異邦人』です。 この作品はカミュの著作に見られる「人間の不条理」を描き出した傑作とされ、彼がノーベル...
スポンサーリンク