アメリカ文学

アメリカ近現代文学

老人にとっての海とは?ヘミングウェイ『老人と海』のあらすじや感想、解釈の解説!

高校生や大学生というような学生を主役に据える物語は、決して少なくありません。 しかし、その反対に「老人」というと表現が悪いかもしれませんが、ご年配の方をメインに描いた物語というのは、意外に少ないようにも感じます。 そこで、今回は...
アメリカ近現代文学

ハードボイルド小説の始祖!『ロング・グッドバイ(長いお別れ)』のあらすじや感想、名言解説

皆さんも「ハードボイルド」という言葉には聞き覚えがあるでしょう。 この言葉を分かりやすく表現すると「渋い漢」を意味しており、文学の世界においては強い意志を持った人物を簡潔に描くことを指します。 今回は、世間にも広く知られる「ハー...
アメリカ近現代文学

村上春樹が愛した小説『グレート・ギャツビー』のあらすじや登場人物、時代背景の解説!

第一次世界大戦後のアメリカ社会は、空前の好景気に沸いていました。 この時代に生きた若者は後に「ロストジェネレーション(失われた世代)」と呼ばれ、以後様々な困難に遭遇していくことになります。 そんな時代には、文学の世界においても傑...
アメリカ近現代文学

ホールデンはサイコパスで中二病か?小説『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじや考察、解説

青春小説の金字塔『ライ麦畑でつかまえて』のあらすじや内容、解説を紹介しています。主人公のホールデンは、世の中の矛盾と戦い、そして敗北していきます。そのため、精神的に成長し、同時に心はけがれて劣化していくのです。
スポンサーリンク