ドイツ文学

ドイツ近現代文学

虫になっちゃう笑い話?カフカ『変身』のあらすじや考察、解釈の解説!

カフカの著作で最も有名な作品は、この『変身』に他ならないでしょう。 主人公が虫に変わってしまうことを起点とし、そこから生じた家族による彼への態度が世界中の読者に衝撃を与えました。 しかし、この作品はカフカ自身もまさかここ...
ドイツ近現代文学

ゲーテの実体験を描いた小説『若きウェルテルの悩み』のあらすじや感想、成立背景の解説・考察!

恋愛に燃える若者は、時にそのエネルギーを歪んだ形で放出してしまうことがあります。 そんな主人公を描いた小説こそが、ゲーテの作品である『若きウェルテルの悩み』でしょう。 青年ウェルテルが恋した相手は、なんと婚約者のいる女性...
スポンサーリンク