ジェイン・オースティン

古典作家紹介

「恋愛と皮肉を愛した作家」ジェーン・オースティンの生涯や作風、おすすめ作品4選まとめ!

あなたは「作家ジェイン・オースティン」の名を聞いたことがあるでしょうか? 彼女の代表作である『高慢と偏見』の作者、と言えばお気付きになる方も多いのではないかと思います。 オースティンはナポレオン戦争が勃発していた19世紀前期に活躍した、...
イギリス文学

『分別と多感』のあらすじや感想、内容の解説!姉妹の「失恋」を描いたオースティンのデビュー作

皆さんは、「姉妹の人生が題材になっている小説」といえば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか? 海外文学ですと、チェーホフの『三人姉妹』や、オルコットの『若草物語』。日本なら谷崎潤一郎の『細雪』などを思いつく方が多いかと思います。 このよ...
イギリス文学

『エマ』のあらすじや感想、内容の解説!オースティンの描く「クセが強いヒロイン」の成長小説

文学は、時代を問わず大衆の娯楽でした。 その中でも恋愛小説は揺るがない人気があり、イギリスではシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』や、E・ブロンテの『嵐が丘』といった名作が生まれています。今回取り上げる作家・オースティンの代表作『高慢...
イギリス文学

『高慢と偏見』のあらすじや感想、読み方の解説・内容分析!少女漫画的色彩を持つ傑作

恋愛小説というジャンルは、古来より大衆の間で人気を博してきました。 日本で言えば『源氏物語』、世界で言えば『ロミオとジュリエット』のように、文明の発展と恋愛小説は切っても切れない関係にあると言ってもいいかもしれません。 そして、こうした...