近現代文学

イギリス文学

『赤毛組合』のあらすじや感想、内容を解説!作者コナン・ドイルもお気に入りの名作短編!

ホームズシリーズは様々な面で魅力にあふれ、あらゆる角度から研究される古典ミステリの名作です。 中でもストーリーの核となるのが、ホームズによる鮮やかな推理と危険を伴うハラハラドキドキのアクションでしょう。 そんな魅力を一気に味わえ...
アメリカ近現代文学

黒人奴隷を美化した人種差別的作品と話題に…。『風と共に去りぬ』のあらすじや感想、内容の解説

マーガレット・ミッチェルの描いた大長編小説『風と共に去りぬ』。 古典的な名作と読んで差し支えない作品で、皆さんも名前くらいは聞いたことがあるでしょう。 しかしながら、本作が昨今アメリカで発生した反人種差別運動「Black...
イギリス文学

『ボヘミアの醜聞』のあらすじや感想、内容を解説!ホームズの好敵手アイリーン・アドラーが登場する人気短編

コナン・ドイルが生み出し、世界中のファンに愛され続ける「名探偵シャーロック・ホームズ」シリーズ。 しかし、実はシリーズのほとんどが短編作品であるということをご存知でしょうか? 今回ご紹介するのは、56作出された短編の中でも最初の...
スポンサーリンク
古典作家紹介

「恋愛と皮肉を愛した作家」ジェーン・オースティンの生涯や作風、おすすめ作品4選まとめ!

あなたは「作家ジェイン・オースティン」の名を聞いたことがあるでしょうか? 彼女の代表作である『高慢と偏見』の作者、と言えばお気付きになる方も多いのではないかと思います。 オースティンはナポレオン戦争が勃発していた19世紀前期に活...
古典作家紹介

「ミステリの女王」アガサ・クリスティーの生涯や作風、おすすめ作品10選まとめ!

「海外ミステリに挑戦したい」「古典ミステリを読んだことがない」という人におすすめを聞かれたら、あなたは誰のどんな作品を挙げますか? わたしなら、迷わずアガサ・クリスティーの作品を勧めます! 言わずと知れた「ミステリの女王」であるアガサ...
イギリス文学

『鏡は横にひび割れて』のあらすじや感想、内容の解説!ミス・マープルが活躍するシリーズ後期の人気作

あなたは、自分の人生に自信を持って歩めていますか? 自分の人生に起こったことや手に入らなかったものを思って、前向きになれないままでいるという人もいるかもしれません。 そんなあなたにぜひ読んでいただきたい作品の一つが、今回ご紹介す...
イギリス文学

『分別と多感』のあらすじや感想、内容の解説!姉妹の「失恋」を描いたオースティンのデビュー作

皆さんは、「姉妹の人生が題材になっている小説」といえば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか? 海外文学ですと、チェーホフの『三人姉妹』や、オルコットの『若草物語』。日本なら谷崎潤一郎の『細雪』などを思いつく方が多いかと思います。 ...
日本文学

『吾輩は猫である』のあらすじや感想、内容の解説!「幸運を呼ぶ猫」をモデルに描いた漱石の出世作

「吾輩は猫である。名前はまだない。」 このあまりに有名な書き出しから始まる作品が、今回ご紹介する夏目漱石の小説『吾輩は猫である』です。 現代でも様々な作品のパロディになっているので、ほとんどの日本人がこのフレーズを知って...
アメリカ近現代文学

『モルグ街の殺人』のあらすじや感想、内容の解説!森鴎外も訳した世界初の推理小説!

コナン・ドイルの「シャーロック・ホームズ」シリーズや、横溝正史の「金田一耕助」シリーズなど、名探偵が活躍するミステリ小説は世界中で生み出されてきました。 そして、現代も多くの作家の手によって、新たなミステリ小説が発表され続けています。...
イギリス文学

『エマ』のあらすじや感想、内容の解説!オースティンの描く「クセが強いヒロイン」の成長小説

文学は、時代を問わず大衆の娯楽でした。 その中でも恋愛小説は揺るがない人気があり、イギリスではシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』や、E・ブロンテの『嵐が丘』といった名作が生まれています。今回取り上げる作家・オースティンの代表作『...