恋愛小説

イギリス文学

『分別と多感』のあらすじや感想、内容の解説!姉妹の「失恋」を描いたオースティンのデビュー作

皆さんは、「姉妹の人生が題材になっている小説」といえば、どんな作品を思い浮かべるでしょうか? 海外文学ですと、チェーホフの『三人姉妹』や、オルコットの『若草物語』。日本なら谷崎潤一郎の『細雪』などを思いつく方が多いかと思います。 ...
イギリス文学

『エマ』のあらすじや感想、内容の解説!オースティンの描く「クセが強いヒロイン」の成長小説

文学は、時代を問わず大衆の娯楽でした。 その中でも恋愛小説は揺るがない人気があり、イギリスではシェイクスピアの『ロミオとジュリエット』や、E・ブロンテの『嵐が丘』といった名作が生まれています。今回取り上げる作家・オースティンの代表作『...
日本文学

村上春樹『ノルウェイの森』の感想、解説と考察!直子とキズキと「私」の物語

大ベストセラーとして知られる、村上春樹の『ノルウェイの森』。死と再生を描いた内容は素晴らしく、文章も儚くも美しいもので構成されていますが、一方で読み手を選ぶ小説ということも事実です。この記事では、そうした点を徹底解説しています!
イギリス文学

『高慢と偏見』のあらすじや感想、読み方の解説・内容分析!少女漫画的色彩を持つ傑作

恋愛小説というジャンルは、古来より大衆の間で人気を博してきました。 日本で言えば『源氏物語』、世界で言えば『ロミオとジュリエット』のように、文明の発展と恋愛小説は切っても切れない関係にあると言ってもいいかもしれません。 そして、...
日本文学

『源氏物語』のあらすじや感想、読み方解説!女性たちが織り成す古典の最高傑作

日本の古典文学を語るうえで外すことのできない作品。これが『源氏物語』でしょう。 もはや今さら語るまでもない歴史的傑作ですが、その長さや読みづらさから古典の授業以外で読んだことがないという方も多いのではないでしょうか。 そ...
ロシア近現代文学

『アンナ・カレーニナ』のあらすじや感想、解説・考察!アンナとリョーヴィンの愛に注目

ロシアが生んだ世界的文豪として、レフ・トルストイの名を知らない方はいらっしゃらないかもしれません。 彼の名声は我が国日本にも轟いていますが、一方で「彼の作品を読んだ」という方はそれほど多くないかもしれません。 トルストイの代表作...
イギリス中世文学

『ロミオとジュリエット』のあらすじや感想、元ネタ解説!あまりにも悲劇的な恋愛物語

イギリス史上最高の作家にして、今なお世界中で愛され続けている人物——。 それがウィリアム・シェイクスピアでしょう。 彼の残した作品は様々ですが、一般には四大悲劇に代表される「悲劇」を描いた作家として認識されることが多いかもしれま...
日本文学

ナオミズムには要注意?谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』あらすじと感想、内容解説!

人として生まれたからには、誰もが一度は理想の相手と結ばれてみたいと願うもの。 しかし、当然ながらそのような人物と良好な関係を築くのはおろか、出会う事さえも難しいのが現実です。 そこで、人はある解決策を思い浮かべます。 「理...