Kindle Unlimited対応

日本文学

「斜陽族」を描いた滅びの文学!太宰治『斜陽』のあらすじや感想、解説・考察

皆さんは「滅び」というものについてどのようにお考えですか? 私個人の意見を述べさせていただけば、「滅び」は物悲しさを感じさせる一方で、この上のない「美しさ」を合わせ持つ現象であると考えています。 このサイトで以前紹介した「平家物...
ドイツ近現代文学

ゲーテの実体験を描いた小説『若きウェルテルの悩み』のあらすじや感想、成立背景の解説・考察!

恋愛に燃える若者は、時にそのエネルギーを歪んだ形で放出してしまうことがあります。 そんな主人公を描いた小説こそが、ゲーテの作品である『若きウェルテルの悩み』でしょう。 青年ウェルテルが恋した相手は、なんと婚約者のいる女性...
アメリカ近現代文学

『グレート・ギャツビー』のあらすじや時代背景の解説・考察!村上春樹も愛した小説

第一次世界大戦後のアメリカ社会は、空前の好景気に沸いていました。 この時代に生きた若者は後に「ロストジェネレーション(失われた世代)」と呼ばれ、以後様々な困難に遭遇していくことになります。 そんな時代には、文学の世界においても傑...
日本文学

『平家物語』のあらすじや特徴、内容をわかりやすく解説!鎌倉時代の歴史的軍記物

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり——。 この物語の名を知らずとも、書き出しは聞き覚えがあるという方も少なくないでしょう。 本日解説するのは、恐らく日本で最も「暗記」されているであろう古典文学『平家物語』です。 ...
日本文学

ナオミズムには要注意?谷崎潤一郎の小説『痴人の愛』あらすじと感想、内容解説!

人として生まれたからには、誰もが一度は理想の相手と結ばれてみたいと願うもの。 しかし、当然ながらそのような人物と良好な関係を築くのはおろか、出会う事さえも難しいのが現実です。 そこで、人はある解決策を思い浮かべます。 「理...
イギリス文学

現代社会で読むオーウェルの小説『1984年』のあらすじと解説・考察(ネタバレ有)

オーウェルの小説『1984年』は、共産主義の欠点を正確に言い当てた小説として極めて高く評価されています。しかし、この小説はなにも「反共のシンボル」という側面だけでなく、現代社会にも通じるいくつもの警鐘が含まれています。この記事では、現代ならではの読み方や社会とのつながりを解説しています!