古典文学・小説好きこそ、Kindle Unlimitedに加入するべき!専門サイト管理人の徹底レビュー!

古典入門
スポンサーリンク
スポンサーリンク

昨今、いわゆる「サブスク」サービスの普及は著しく、本、つまるところ電子書籍の読み放題ができるものもあります。

音楽や映画に比べるとその数はまだ少ないですが、代表的なものを挙げるならAmazonが運営しているサービス「Kindle Unlimited」でしょう。

すでにKindle Unlimitedに関するレビューは多数確認することができますが、この記事では「古典文学の専門サイト」らしく、「古典文学や小説を読むのに、Kindle Unlimitedはどれだけ役立つか」という観点からレビューしていきたいと思います。

ちなみに、管理人の私は現時点でKindle Unlimitedユーザー。

なので、結論から申し上げますとKindle Unlimitedはお得だよという話になるわけですが、内容をキチンと読んでいただくと単にサービスを称賛しているだけの記事ではないこともご理解いただけるでしょう。

\500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!

Kindle Unlimitedとは?サービスの概要

さて、本題に入る前に、まず軽く「Kindle Unlimited」というサービスの概要について整理しておきましょう。

言うまでもなく、Kindle Unlimitedは「本の読み放題サービス」です。

月額は980円で、サービスを利用したことがなければいつでも30日間の無料体験がついてきます。

読めるのはAmazonの電子書籍ストア「Kindle」に登録されており、かつ「Unlimited」対象の本だけ。

とはいえ全体で約200万冊の本を読むことができると言われており、ジャンルについても文庫・雑誌・コミックなど、「本」とされるものはほぼ含まれています。

加えて、この手のオンラインサービスにありがちな「解約がやりにくい」「読める端末に制限がある」といった煩わしさはほぼありません。

解約も管理画面から気軽にできますし、Kindleアプリに対応している端末ならPCであろうがスマホであろうが好きなだけ本を読むことができます。

…と、ここまでの情報だけならすごくいいサービスに見えてきます。

しかし、肝心なのは「200万冊読める!」ということよりも「自分の読みたい数百冊がどれだけ読めるか」

特に、この記事を読んでいる方は「古典がしっかり読めるのか」ということに関心があることと思います。

サービス概要をまとめたところで、いよいよ核心に迫っていきましょう。

\500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!

Kindle Unlimitedのラインナップで古典文学は読めるのか?出版社別に検証!

では「Kindle Unlimited」のサービスでどれだけ古典文学を読めるのか、という部分を検討していきましょう。

方法はいろいろあると思うのですが、ここでは「古典文学を多く出版している出版社」を独断で選出し、その出版社がKindle Unlimitedにどれだけ積極的かを考えることとします。

…が、結論を言ってしまうと、我々のよく知る出版社はあまり読み放題対応に前向きではありません。

なので、あまり喜ばしい結果にはならないでしょう。

しかし、「諦めるのはまだ早い」と言わんばかりに、意外な救世主が現れます。

なお、当サイトで扱っている作品については、サービスに対応しているかどうかをすべて確認しています。

なので、サービス対応作品を知りたい方はこちらをクリック!

サイト内Kindle Unlimited対応作品の一覧!

選出出版社は岩波書店をはじめ計8社

今回は、

・岩波書店
光文社
・新潮社
・講談社
・角川書店
・早川書房
・筑摩書房
・創元社

の計8社を対象とします。

対象の選び方に「とりあえず古典関係の文庫をよく出版している版元」という以上のものはありません。

仮にこの8社の本がすべて読み放題であれば、古典文学を読むのに困ることはそうそうないでしょう。

読み放題状況は、光文社古典新訳文庫を除けばほぼ全滅…

上記出版社の読み放題対応状況を表にまとめてみました。

記号の意味は

〇…ほとんど、あるいは全ての作品が読める
△…読めるものと読めないものが半々くらい
×…ほとんど、あるいは全く読めない

です。

岩波書店×
光文社
古典新訳文庫シリーズの中短編と一巻は読める)
新潮社×
講談社×
角川書店×
(現代小説はかなり読めるのだが…)
早川書房×
筑摩書房×
創元社×
(ホームズ全集の一部だけ読めるよう)

…ぶっちゃけ、こと「古典文学」に限定してみると、全然読めません。

光文社が短~中編作品の大半と長編作品の第一巻部分を提供しており、他にはAmazon本体から出ているオリジナルコンテンツの中にも一部古典作品が含まれているものの、「図書館のようなノリで読める」というにはまだ満たないかな、と。

正直、岩波だけでも積極的であればなんとかなるんですけど…。

デジタル書店「グーテンベルク21」の古典作品は充実

以上で見たように、各出版社が出している文庫本はあまりKindle Unlimitedに対応しているとはいえません。

が、デジタル書籍専門の出版社である「グーテンベルク21」が発行している作品の多くが読み放題対応となっているため、多くの古典作品を読むことができます。

あまり知名度のない出版社ですが、何を隠そう「出版本の大部分が古典文学」という、我々にとっては大変ありがたい存在。

グーテンベルク21は、2019年1月時点で500を超える作品を提供しており、その中には

…などなど、時代や地域、ジャンルを問わず数多くの古典文学を心ゆくまで楽しむことができます。

有名出版社が対応を渋る中、まさに「救世主」といってもいいかもしれません。

\500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!

グーテンベルク21のおかげで、古典好きにとってはお得なサービス

有名出版社の本が読めないため「Kindle Unlimitedは使えないな…」と感じている方も多いかもしれません。

が、先で見たように、実際はかなり多くの古典作品を読むことができます。

現代小説の多くが対応していないことを考えると、我々古典好きだけの「特権」的な楽しみかたといえるかもしれません。

とはいえ、「グーテンベルク21って聞いたことないし、翻訳の質はどうなのよ?」と思われているそこのアナタ。

私が読んだ限りではとくに訳の問題を見出すことはできませんでしたが、マルチリンガルの方や、翻訳にこだわりがある方もいるでしょう。

幸い、Kindle Unlimitedには「30日間の無料体験」があるため、まずはいったん様子見してみてもいいかもしれません。

気に入った場合は継続すればいいですし、気に入らなかった場合は即解約でもOK。

解約金やペナルティは一切ありません。

\500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!

3か月数百円になるキャンペーンを利用すれば超お得!

上記で「古典好きにはお得なサービス」であることをご理解いただけたかと思いますが、さらに安くサービスを利用する方法があります。

それは、Amazonが年に何度か実施するセールの際に利用を始めること。

Amazonが年に何度か大規模なセールを実施するというのは、CMなどで皆さんもご存じかもしれません。

例えば、毎年11月末に開催される「サイバーマンデー」などが代表的で、大規模な割引が実施されます。

この手のセールはKindle Unlimitedをはじめとするサブスクサービスも例外ではなく、Kindle Unlimited3か月で「99円・199円・249円」などの超お得なセールが実施されてきました。

普通に利用すれば3か月2940円かかるわけですから、どれだけ割り引かれるかは一目瞭然でしょう。

これだけの安さならば、もはや古典好きがKindle Unlimitedに加入しなくては損とさえいえます。

先ほども書いたように「グーテンベルク21」の本がかなり読めるだけでなく、光文社発行の中短編作品も読み放題の対象であり、当サイトで扱っている作品だけでも

など、有名どころの作品を多数読むことができます。

さらに、光文社古典新訳文庫シリーズは下記の記事でも解説しているように、古典になじみのない初心者でも読みやすいよう徹底的に工夫が加えられており、Kindle Unlimitedというサービスは「古典入門に向いている」といえるでしょう。

単純に購入すれば絶対に数百円では揃えられないラインナップなので、これは間違いなくお得です。

もちろん破格で体験できるセールが次回も開催されるかはわかりませんが、直近では2019年1月6日までキャンペーンを実施していました。

私も12月のセールでめでたく会員となり、現在までに数冊の作品を読み終えています。

「グーテンベルク21」と「光文社古典新訳文庫シリーズの中短編」を中心に読み進めていけば、極めて快適な古典読書ライフを満喫できるでしょう。

\500作以上の古典文学が読み放題!/Kindle Unlimitedを30日間無料で体験する!

コメント